吃音 治し方

吃音の治し方ガイド-バカバカしいほど簡単だったどもり改善法-

子供から大人まで誰でも実践できる吃音の治し方をお伝えします。私が大好きな人と幸せな毎日を過ごし、やりたかった接客業にストレスのなく打ち込めるようになった理由

あなたのどもりが改善する!無料メール講座
私がどもらなく喋れるようになれた経緯を交えてお送りする吃音改善メール講座です。

吃音を治したいあなたが心がけておくべきこと

はじめに
吃音で悩む人は日本の人口の1%以上いるそうです。
日本には1億2千万人いますから120万人以上いるということになります。

当サイトでは吃音に悩む方にお役に立っていただけるように原因や改善方法など出来る限り細かく記事を調べてまとめました。

参考にしていただければ幸いです。




吃音には幾つかの原因がかかわっているとされることから、残念ながら、現段階ではその治し方にも決定的な方法がないというのが実状のようです。

ある人に効果がある方法であっても、別の人には効果がないかもしれません。

ですから、この障害で悩まされている人に何かの治し方を勧めるときには、
注意しなければなりません。



それでも、吃音者がどんな 「治し方」に取り組むとしても、
心がけておかなければならないことがあります。
その根底にいつもあるべきなのは、
吃音者自身の「積極的であきらめない努力」だということです。



積極的な態度を保つのは、たいていの吃音者にとって大きな課題となります。
ですから、いつでもそうできるわけではないことを、認めなければなりませんが、
それでも、積極的な気持ちを保つよう心がけるのと、
そうしないのとでは、大きな違いがあるといえます。



たとえば、「吃音の問題のために辛い思いをすることがあるとしても、たいてい何かしらの方法で、なんとか意思を伝えることができているのだ」というように考えてみることができます。

話をして意思を伝えることができない場合でさえも、メッセージを書いたりして伝えることはできてきたはずです。ですから、自分はずっと孤独なこの闘いから抜け出せないのだなどと決して思わないようにしましょう。


時に、後戻りしてしまったと感じることがあったとしても、積極的な態度をキープするよう努めることは、自分を哀れむようになったり、内向的になったりしないようにあなた自身を守るものとなるはずです。
そのあなたの前向きで、積極的な見方はどんな治し方をも、力強く支える一番たいせつな原動力となり続けることでしょう。








【無料】どもり改善メール講座

どもり・吃音で悩んでいる方に読んでいただきたいメール講座を開催中です。
10日間に分けて吃音改善のためのポイントをお伝えしていきます。

お届けする内容の一部を紹介すると・・・

・吃音矯正の基本とは(3日目)
・効果的な発声練習方法(4日目)
・楽々口調でどもりを解消(5日目)
・会話の練習で注意すること(6日目)

などです。

詳しくは下記の画像をクリックして下さい


>メール講座の詳細はこちら



治療関連

症状に関する記事関連

仕事に関する記事

大人・子供

悩み

その他

相互リンク・お問い合わせはこちら